B男さんの場合1

独身で一人暮らしをしている人は、A子さんと大体同じような生活をしていると思います。

では、仕事面ではどうでしょうか。

営業の仕事をしているB男さんの生活を見ていきたいと思います。


B男さんは34歳。独身の一人暮らしです。

自分なりの確認が終わると、今日も大急ぎで会社に向かいました。

会社へはバスで35分。

バス停に着くと、既にいつも乗るバスは通り過ぎて行った後でした。


仕方なく 、今日はタクシーで会社に向かいます。


会社に着き、朝礼が始まりました。

その際、一ヶ月前の業務において、ミスが発覚したとの報告がありました。

内容は単純なミスであり、取引先の会社名を間違えていたとのこと。

ですが、もちろんこれは失礼極まりない行為であり、ハードクレームとなってしまったようです。

ミスをした担当者の名前は明かされませんでしたが、B男さんの頭の中は、大変なことになっています。

しかし、仕事をしなければいけません。

今日も会社の車で取引先に向かいました。


運転中も、今朝のミスのことだけが脳内を占領しています。

「そういえば一ヶ月前そういう仕事をしたような気がする・・・。」

「周りの人達でこんな単純なミスをするような人はいない」

「自分しか考えられない」

「営業から帰って来たら呼び出される・・・」

など、嫌なことばかりが頭の中を駆け巡り、気が気ではありませんでした。
Comment

管理者のみに表示
Trackback
 | HOME | C太君の場合 »